Webデザインの仕事とは

良いサイトをたくさん見る

Webデザインの仕事とは
独学でWebのデザインの勉強をする場合は、基本的に良いサイトを見ることです。
当たり前なことですが、案外とできないことかもしれません。
けれど、自身でWebを見ることで勉強になるからといっても、では具体的にどんなものが良いのか思います。
実際に優秀なWebサイトを見た経験が、どのように役に立つのか…そんなところを調べてみました。
優秀なサイトや良いサイトをみることで、ともかく代表的なメリットとしては、自身でデザインをするWebデザインに何か活かせることが想像できます。
いろいろな良いサイトのデザインであったり、アイデアなどから刺激を受けることがあります。
それに多くのエッセンスを吸収することで、自身のデザインの幅も広がり奥も深くなるのもなのです。
多くの中から「良いサイト」を研究していくことは、Webデザイナーとしての血や、肉となるのは間違いないでしょう。
優秀なWebサイトをいくつも見ていると、わずかずつであっても、目が肥えて、デザインに対する感性も磨かれていくということなのです。
デザインに対する感性が磨かれていけば、実力もついて良いデザインと悪いデザインをしかりと見分けが直ぐにできるようになります。
一目でカッコいい、ダサいというWebサイトを振り分けができるようになってくるのです。

良いサイトを見つけるには

Webデザイナーの能力は、高ければ高いほど、ワンランクの視点からWebデザインを見ることができるのです。
見る人のレベルに合せて、見えることが変わるといって良いでしょう。
Webの勉強を独学でする限り大切なことなのですが、まず第一に「良いWebサイトを見つけよう!」と、意識することが必要です。
人の自然な流れとして見たいもの、必要なものしか見ないようにできているものです。
ですから、常に意識しておくことが大事です。
例えるなら、「昨日青い服を着た人を何人見たか?」と、突然に聞かれても分からないものです。
それはなぜかというと、青い服の人が目の前にいたとしても、意識をして見ていないと脳にとって不要な情報とされてしまい記憶には残っていないものなのです。
しかし、意識していれば簡単に分かることです。
このことを、「カラーバス効果」とされます。
ですから、良いサイトを見つけることを常に頭の片隅に意識しておいておくと良いでしょう。
けれど、自身の力だけで良いサイトを探すことは、意外と大変なことかもしれません。
できるだけ効率的にサイトを探し当てることは難しいものなのです。
そういう時に利用したいものが優れたWebサイトを収集されているサイトを利用することです。