Webデザインの仕事とは

楽しみ記憶するWeb

Webデザインの仕事とは
Webの勉強でなによりも大切なことは実践していくことでしょう。
新しい知識を得たら、それを試してみることが、重要なポイント!
ある意味楽しんで「実践」していくことだと言えるでしょう。
覚えたことを実際に利用してみてこそ、学習に役立つものです。
そして相乗効果として期待ができるのです。
まずは経験記憶という自分の今までの体験をしてきた記憶です。
例えば、「以前からほしいと思っていたものを買ったこと」、「仕事上で大活躍をすることでほめられたこと」、「友人とけんかしたこと」のようなものです。
そして、それに関わり覚えていることが多いので、ほしいものを購入したお店や、ほめられたときにどうしてほめられたか、その相手など。
そして、けんかをして、その原因や場所などでしょうか。
こういうことは不思議と覚えようとしなくても、覚えているものなのです。
特に、良かったことやうれしい、あるいは楽しい、特別な悲しみなどになります。
かなり強い感情が一緒になったことは、人間は記憶となって残っているものなのです。
しかも、後述するような知識の記憶と比較しても忘れにくいというメリットがあります。
誰でも記憶にあると思いますが、十年以上も前のことであっても、とても鮮明に思い出せることが多くあるものです。

知識記憶プラス実践=経験記憶

一方の知識記憶については、要するに経験が伴わない勉強になり知識と情報などになります。
その記憶は何かのきっかけが必要となるものです。
学校で学習していたものは、大抵が知識記憶になります。
知識記憶については、意識して覚えようとしなければ覚えることができません。
一度で覚えられないことが多くあります。
反復することなど工夫して覚えます。
しかしせっかく覚えた知識記憶は、覚えてまた忘れやすい記憶でもあります。
さて、この二つの記憶は、例えば書籍などを読むことで勉強することは、どちらの記憶になるでしょう?
もちろん、知識記憶となり、反復の学習することが必要となります。
忘れやすい記憶である、同じようにHTMLのタグ、他にCSSなども中々覚えることが難しいものです。
しかし、この覚えにくいとされる「知識記憶」に、実践をプラスすることで、知識記憶から経験記憶に少し近づけることが可能となります。
例えば、キーボードを叩いたり、マウスを利用してクリックする、そして両目で見るという行動自体が、書籍を読んだだけの記憶よりは強いものになります。
また、それだけではなく、「本で勉強したことを試してみると、実際ではうまくできなかった」、友人に「すごいね」とほめられたり、実際にしてみると多くの出来事があります。

比べてお得!

  • 裏側矯正真っ最中の人の声が分かるのは、こちら。