Webデザインの仕事とは

Webデザイナーに必要とされる知識

Webデザインの仕事とは
必要とされる知識として、Webデザイナーにはプロレベルの知識が必須となります。
もちろん、Web制作ソフトにはHTMLを簡単に書き出す機能は揃っていますが、Webデザイナーは一般的にはそのような機能を使用することはなく、従ってHTMLの知識が必要となるのです。
また、ついでに覚えるXHTML。
HTMLと、似ている言語としては、XHTMLなるものもあります。
こちらも一緒に覚えておきましょう。
当然ですが、「HTMLだけでも覚えるのは、大変だ…」と、言われるかもしれません。
しかし、XHTML自体は、HTMLをXML準拠にしている言語になります。
よって、HTMLととてもにかよっているもの。
HTMLが理解できれれば、自然とXHTMLも簡単に頭に入っていきますから安心して頂きたいです。
このようにHTMLを利用しただけでも、テキストの色の変更や、中央揃えをしたりできますが、そのような指定することも、既に時代遅れかもしれません。
それはCSSに対応しているブラウザも増えているので、今後はHTMLではなく、CSSを使って見た感じも表現できるものが標準なのです。
最終的には、CSSもHTML(XHTML)と一緒に覚えちゃいましょう!
主となるブラウザにあったサイトを、思ったデザインにコーディングができるのであれば、実務で通用するレベルになるでしょう。

SEO知識

自身でゼロからガリガリ書けることが理想ではありますが、かなりの学習が必要とされます。
けれど、人が書いているライブラリをちょっと利用したり、多少のカスタマイズをしたりするくらいの知識だけは、最低限は持っておきたいものです。
とりあえずは、jQueryなどのライブラリを少し知っておくGOODです。
ここ最近ネットなどでも頻繁に見られる「SEO」とは、検索エンジンにヒットしやすいように対策することです。
依頼されたお客さんのビジネスを発展させるためのもので、Webサイトを作るためには、Webデザイナーが最低限はこのような知識を持っていることが重要なのです。
おしゃれな(X)HTMLを書いていることで、検索エンジンに対応した親和性のよいサイトを構築することが可能ですが、決してそれだけではありません。
基本となるSEOに対策できる知識をしっかりと身につけておくべきです。
Webデザイナーの職業は、デザインをすることですので、デザインとレイアウトに関係している知識と、一定のスキルはしっかりと持っていたいものです。
ここは極度に頭でっかちになっていては能力の向上が期待できませんので、基本を覚えたものは、とにかく実際に作って体で覚えてていくことでしょう。
能力が見られない時もありますが、諦めずに繰り返すことで必ずや成長するはずです。