Webデザインの仕事とは

必要になるソフト知識

Webデザインの仕事とは
Webサイトはどうして作るのか…、依頼したお客さんのビジネスを発展させるためのものです。
そのために最低限に必要とさるマーケティングの知識くらいは持っていた方が賢明でしょう。
なぜかというと、サイトをデザインするときにまったく考慮をされずしてデザイン的な部分だけで作ってしまった結果、「見た目は良く」ても、「売れないサイト」になってしまいます。
意外と勉強をしにくい分野になりますが、Webデザイン誌であったり、Webマーケティングに関する本をいろいろと見て学ぶことが良いでしょう。
Webデザインの内容は、色を扱うものなのでとにかく最低限の配色知識が必要とされます。
意外にも色学に関係する学習は、とても奥が深いもので、Webデザイナーとして必要とされる基礎知識だけしっかりと覚えておくことです。
Webデザイナーに必須とされるソフトなので、一通り必要な操作は覚えておきます。
Adobeのマニュアルも非常にわかりにくいものですが、一冊くらいは買うことをお勧めします。
ただし、Dreamweaverは業界では標準のエディタなので使いますが、いわゆる「ホームページ制作ソフト」としての利用は行いません。
Dreamweaverのデザインビューにてデザインすることは、全くといってありません。

必要なIllustrator・Photoshop・Fireworks

こみ入ったイラストを書くのに必須のIllustratorのソフト。
できれば一冊購入して知識をつけます。
もしも一冊だと足りないという人は、自身のレベルにあう書籍を見て、もちろん複数に何冊でも買って学習してみましょう。
Photoshopは、基本としてIllustratorと同じで、テキストを一冊では覚えられるようなものではありませんから、書籍などを購入することでしっかりと身に付けていきましょう。
そして写真などのレタッチもどんどん何度も利用して実践して覚えていきます。
Fireworksは、PhotoshopとIllustratorの機能をとって、足して2でわったようなものになります。
この必要なスキルIllustratorとPhotoshopがあると十分かもしれません。
そして、IllustratorとPhotoshopが困難だという人は、Fireworksを学んでいくことも一つの手でしょう。
あくまで、ソフトは単なる道具に過ぎませんから、どのようなソフトを使用していても、クールなサイトを作ることができればWebデザイナーになれるでしょう。
けれどもWeb制作会社によっては、Fireworks主体の会社と、Illustrator+Photoshop主体の会社に分かれてくるそうです。
これについては、どちらの会社を選ぶかは本人次第だそうです。
ハッキリとした数字ではありませんが、DTP業界では、IllustratorとPhotoshopを利用している会社が多いようです。
けれども、Fireworksを使用したり、併用していますし、Fireworksの方が難易度が低いことは見逃せないでしょう。

比べてお得!